<<栗城さん   main   バイヤーからパーソナルショッパーへ>>

2013.12.31   Tuesday

2013年

大晦日。
久しぶりにまとまった時間ができて、TODOの積み残しも解消して、
ようやく振り返る時間ができた。こういう時間は久しぶり。

今年は、上場して最初の一年ということで
使えるリソースもステージも変わったために、
期初に新生エニグモとして3ヶ年計画を立てた。

エニグモは、BUYMA事業に一点集中で伸ばして行くが、
さらなる飛躍のための種も、きっちり仕込んで行かなくてはならない。

事業を展開する時に、パーチョキグーで考えている。
パーは事業を広げる時、チョキは広げた中から筋のいい物を選別する時、
グーは力を込めて集中する時。それを3ヶ年でやりきる。

今年は仕込みのパーの年。
成長した時に、BUYMA本体に相乗効果を発揮できる事業を多数仕込んだ。
アメリカ、韓国にてBUYMA事業を開始、
国内にてファッションフリマSTULIOを開始、
また、他言語電子書籍プラットフォームBUYMA BOOKSをプレオープンさせた。
それぞれ集中できるように、BOOKSを除いて、会社をわけることにした。

来年、様々な進捗を見極めて、筋がよい戦略に集中して成長を加速させる予定である。
個人的にはどの事業もいけると思っているが、
この中の1つでも立ち上がればBUYMAへの相乗効果を含めて、
エニグモは一段上の成長軌道に入ることができる。

肝心のBUYMAは、全ての輸入に関わる業態と同様、
円安の影響で楽な環境ではなかったが、数々の内部施策が奏功し、
前年同期を大幅に上回る経常利益(50%増)を達成し、
好調を維持することができた。

しばらく円安(100円〜120円)が続くと思うが、
急激な変動がなければ影響は少ないので、
ようやく外的環境に左右されずに事業展開ができる。

今年よかったことは、こういう環境下でも、
ブレイクスルーを生み出す体制とカルチャーができあがったこと。

企業の最大の強みは、カルチャーだと確信している。
よき人材を引き入れるのもよき人が育つのもカルチャー次第。
カルチャーがなくなれば、どんなに優秀な企業も二流に落ちる。
その点、今年のエニグモは一回り大きくなったと思う。

来年は、海外ファッションブランドが、どこよりもいい品揃えで、
どこよりも心地よく買えるサービスに進化させる。
今、爆発寸前のマグマが沸々とたぎっているのを感じる。
来年も頑張りましょう!


さて、プライベートは、南極トライアスロン&マラソンが大きなイベントだった。
南極は、想像以上に厳しい環境で、15分で失明する程の紫外線の強さ、
一緒に参加したランナーの指が10本とも凍傷になる寒さ、
一瞬で前が見えなくなるホワイトアウト。体感温度−50度。
この環境下のトライアスロンとマラソンは過酷そのものだけど、
南極生活も厳しかった。

南極では、少し高地のベースキャンプに泊まるのだが、
基本的にテント生活で、気温は外気と同じで、−20〜30度。
寝袋で過ごす時間が大半だが、朝起きると、全ての物が凍ってる。
コンタクトレンズも服もiPhoneも。iPhoneは凶器になるぐらい冷たい。
南極でiPhoneを素手で触ってはいけない(いないと思うけど)。

いつ起きても昼間で、生き物がいない、音がしない、
吹雪でほとんど白い空間しか見えず、時間や空間の感覚がなくなる。
たまに出る太陽や青空が心底嬉しい。

個人的な学びとしては、自分でどうにもできないことには気を揉まず、
(天候が悪かったらどうしようとか)、そこは委ねる。
そして、自分がコントロールできることに神経を集中させること。

晴れた時に見れる、絶景は最高に美しかった。

それでは、よいお年を!

MK8_6922.jpg

MK8_6979.jpg

MWK_1966.jpg

MWK_0605.jpg

MK8_7282.jpg

MWK_2232.jpg

ME.jpg

MWK_3749.jpg

MWK_4721.jpg

IMGP0095.jpg

TRACKBACK

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.enigmo.co.jp/blog/mtadmin/mt-tb.cgi/941

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

PROFILE

須田 将啓
株式会社エニグモ
代表取締役
最高経営責任者
BUYMA(バイマ)運営.
Facebook をメインに更新してます

ARCHIVES

OTHER

  RSS 2.0 | ATOM