<<バイヤーからパーソナルショッパーへ   main   地方とグローバル>>

2014.07.30   Wednesday

カルチャーこそが資産

採用や人事評価の時に
優秀な人とカルチャーにあった人と
どちらを評価すべきかという議論がわかれる命題がある。

もちろん優秀でカルチャーにあった人がベストだが、
その次をどちらにするかで判断が別れるため、会社の価値観を表す命題でもある。
今の時代だと、カルチャーにあった人と答える会社も多いと思う。

エニグモでもカルチャーにあった人と答えている。

が、命題の真意とずれるので、触れてないが、
カルチャーにあわせられない人は優秀ではないのではないか
ということも思っている。

アカデミックな世界や技術の世界だと違うのかもしれないが、
ビジネスの世界では、個人では生み出せない成果を、組織で生み出すことに
ダイナミズムがあり、組織の方向性を束ねるカルチャーは成果に直結すると思う。

だからこそ、優秀な人ほど、カルチャーにあわせなくては
その組織で、結果がでにくいことをわかっている。
なので、本当に優秀な人は、カルチャーにあわせることができると思っている。

人が会社の資産と言うが、さらに踏み込んで言うと、
カルチャーこそが会社の資産だと思っている。

以前、勤めていた会社で、トヨタ自動車と仕事をする機会が多かったが、
新卒の人でも、様々な部門の人でも、コスト意識が徹底していた。
見栄えを重視して黒地に白抜きの字で印刷した資料を、インクの無駄とたしなめられる。
例えコスト意識のない人でも、トヨタ自動車に入り、仕事をしていくうちに、
そのカルチャーに染まって行くのだと思う。

その結果、会社全体が筋肉質の会社となり、競争力や開発力がたゆまず向上してきているだと思う。
極論、人が入れ替わっても、カルチャーが残っていれば、強い組織になる。
それこそが会社の資産だと思う。

一方で、昔は輝いていた会社が、利益を優先するために、商品へのこだわりを失っていき、
カルチャーが変わり、競争力を失っていく例もある。
働いている人は変わらなくても、競争力は失われるのだ。
そして、最終的には、人も去り、全く違う会社になってしまう。

会社を束ねるカルチャーは明文化しづらく、日々の判断や行動など些細なところで、
気を抜くとあっという間に崩れていく。

もし多大な結果を出していて、その人が去ったら困るという場合でも、
その人に残ってもらうために、もしくは、そういう人を雇うために、
カルチャーを崩すような特別対応をすることはやめた方がよい。
長期的に見ると会社の強みが失われて行くはずである。

そんな思いを込めながら、
冒頭の命題に対して「エニグモでは、カルチャーが第一」と答えている。

、、といいつつ、そこまで深く考えずに答えているが。。

TRACKBACK

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.enigmo.co.jp/blog/mtadmin/mt-tb.cgi/945

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

PROFILE

須田 将啓
株式会社エニグモ
代表取締役
最高経営責任者
BUYMA(バイマ)運営.
Facebook をメインに更新してます

ARCHIVES

OTHER

  RSS 2.0 | ATOM