2011.05.24   Tuesday

2011.05.24   Tuesday

TED x Tokyo

週末、TEDxTOKYOを初めて見に行った。
たった10分のスピーチが
こんなに面白いとは思わなかった。

盛り上げ上手な観客の反応も運営方法も
とても勉強になった。

観客の中には、
研究室でお世話になった所眞理雄教授も
いらっしゃって久しぶりにご挨拶できた。

すでに全ての映像がネットの公開されている。

英語版|日本語版


その中で、とても学びが多かったのが
キャシー松井さんのこのスピーチ。
説得力あるプレゼンテーションだった。


もっとも盛り上がったと思うのが、
ヨーヨー世界チャンピオンの
BLACKさんのスピーチ。


迫力あるスピーチで喝采をあびていたのが
MIT Media Lab の石井さん。


おまけ。
一番笑いが多かったと思うのが、
昨年のTEDでのスピーチ。

彼女は、8歳の娘さんが蛙に生殖について学び始めた時、
なるべく真実を伝えようと努力したにも関わらず、
ちょっとした嘘をつかなくてはなりません。
ほのぼのしたやり取りが笑えます。

pagetop▲

2011.04.19   Tuesday

2011.04.19   Tuesday

インナーパワー

昔から、自動車メーカーや家電メーカーでは、
社員が社割を利用して自社製品を購入することで、
業績の下支えにすることはよくあったと思う。
実家でも父親の務める会社の商品がたくさんあった。

もちろん福利厚生の意味や、ブランドへの愛着で購入していたのだが、
社員数が数万人となると、その家族や親族まで含めると、
業績貢献の意味もそれなりに大きかったのだと思う。

ベンチャーだと社員の購買力という意味では
人数が少なくほとんど意味がないが、
情報発信という点で考えると、実は馬鹿にはできないインパクトがある。

サイバーエージェントは、
約2000人の社員がブログを書いてるとなると、
それだけちょっとしたブログビジネスを成立させるだけの力がある。

この情報発信力は、新サービスの告知やPR、
採用活動やIRなどへの大きな力を発揮し、
間接的に、プロモーションコストや
採用コスト、資金調達コストに反映され、
企業の競争力となる。

今後のさらにソーシャルメディアの影響力が高まれば、
社員の情報発信力は日経ブランド力調査のように、
重要な会社資産として、評価される時代が来るかもしれない。

大手企業の中には、社員のブログやtwitterへの書き込みに
消極的な会社もあると思うが、
戦略的に活用するという選択肢も検討した方がよい。

企業は、今も昔も総力戦。

pagetop▲

2011.03.31   Thursday

2011.03.31   Thursday

BUYMAチャリティバザー

この度の東北地方太平洋沖地震の被災者の救済および
被災地の復興に役立てて頂く為、BUYMA(バイマ)において、
チャリティバザーを始めました。

BUYMAチャリティバザーでは、
ご賛同頂いた著名人の私物などをバイマチャリティ事務局が販売するほか、
同じくご賛同頂いた世界中のバイマのバイヤーからも出品して頂きます。
バイヤー登録をして頂ければどなたでも出品可能です。

チャリティバザーでの売上はバイマ手数料や
クレジットカード等の決済手数料を全額上乗せし日本赤十字社に寄付致します。
(バイマ事務局の売上100%寄付、会員の皆様の売上55%を寄付)

もう使用していない洋服などがありましたら、
被災地への寄付金に変える機会として、ご活用頂ければ幸いです。

みなさまのお力をお借りして、なるべく大きな寄付をさせて頂くよう、
盛り上げていきますので、どうぞ宜しくお願いします。


■実施期間
3月30日(水)?5月9日(月)

■寄付先
日本赤十字社
※寄付金は、当社から日本赤十字社を通じて、全額を義援金配分委員会に送金し、
同委員会で立てられた配分計画に基づいて、被災者の方々へ届けられます。

■URL http://www.buyma.com/charity

pagetop▲

2011.03.30   Wednesday

2011.03.30   Wednesday

ALBA

さりげなくやっていたゴルフ雑誌ALBAの連載が4月で終わる。

今日、最後の原稿の校正が無事終了。

ゴルフ素人の自分がなぜ?という疑問と不安の中で
始まった連載だが、1年半よく持ったなぁとしみじみ。

お付き合い頂いたみなさま、
編集部のみなさま、
ありがとうございました!

pagetop▲

2011.03.22   Tuesday

2011.03.22   Tuesday

復興支援サービス

元エニグモで働いていたエンジニアが、
この震災の復興にシェアモが役に立つはずだと
twitter上で連絡をくれた。

彼は、阪神大震災を近くで経験しており、
今回の震災でエンジニアとしてできることはないかを
強く考えるに至ったようだ。

「今は多くの支援が望めるが、復興には数年かかる。
その間、家や職場を失い、仮設住宅で不自由な生活を余議なくされた被災者の生活を続く。
その人たちを長期的に支援したい。この震災を風化させたくない。
そんな中でシェアモのモデルは絶対に被災者の方々に力になれる。」という
彼の想いに共感し、自分もできることを考えた。

シェアモは様々な事情で一月に閉鎖という判断となり、
ユーザー様には混乱とご迷惑をお掛けしたため、
エニグモでは再開の見込みはないが、
彼の会社で同様のサービスを行うための協力をさせてもらうことにした。

個人的にはなるが、サービスの告知やモノの提供、
必要な提携先の紹介、アドバイスなど、
できるだけ支援していく方針である。

詳しくはこちらを参照。
http://on.fb.me/hYS5yS

そして、さっそく本日テスト版がリリースされた。
http://staging.toksy.jp/

サービス名はToksy。
篤志(とくし)から来ているそうだ。
[1]親切な志。困っている人や気の毒な人への思いやり。
[2]社会のためになる事業・運動などに熱心で、協力を惜しまないこと。

まだ携帯版が出来おらず、デザインも整っていないなど、
未完成な状態だが、意見や感想などを送ってあげれば励みになると思う。
ご賛同いただけるのであれば、ぜひご支援頂きたい。

感想やメディア等の問い合わせは下記まで
info @ on-the-board.co.jp

※シェアモの個人情報や商品情報は適切に削除済みで、
当然ながら一切転用はありません。

pagetop▲

PROFILE

須田 将啓
株式会社エニグモ
代表取締役
最高経営責任者
BUYMA(バイマ)運営.
Facebook をメインに更新してます

ARCHIVES

OTHER

  RSS 2.0 | ATOM