2010.12.27   Monday

2010.12.27   Monday

アイアンマン報告

12月初め、アイアンマン西オーストラリア大会、
無事完走してきた!

アイアンマンとは
スイム3.8Km、バイク180Km、ラン42.2Kmという
ロングディスタンスのトライアスロン。

鉄のように強い精神力と体力を身につけたいと
年初に思い、宣言したアイアンマン。
ラスト1カ月で一人フルマラソンを3回走るなど
試験前の一夜漬けのように追いこんで
なんとかレースに参加できるレベルに仕上げた。

去年5月に飲み会のノリで出場した初トライアスロンから
1年半で晴れてアイアンマンになれた。
全く泳げなかった自分でもここまでできるとは発見だった。

強く感じたのは、やろうと思えばなんでもできる。これは意志の問題。
そして、どこまでできるかはどこまでやろうとしているか。
これは自分の目線の問題。

今回、完走を目標においていたが、
終わってみればもっと上のタイムを狙えたと思う。
もちろん思った通り、完走はできたが、一方で、
「完走できればいい」という気持ちが自分の上限も決めていた。
どんなチャレンジにしても目線は常に上を見ていたい。

●スイム3.8Km
s_swim.jpg

●バイク180Km
s_bike.jpg


●ラン42.2Km
s_run.jpgs_goal.jpg

●一緒に参加したチームalapaのメンバー
s_alapa3.jpg

オーストラリアから戻ってきてちょっとしたサプライズがあった。
オフィスの机の後ろにこんな装飾が!
年末でフル稼働している社員のみんなに対して、
1週間休みをもらい申し訳ないという気持ちで戻ったが、
こんな嬉しい歓迎をしてもらえるとは正直感激した。ありがとう!

s_welcome.jpg


最後に、モチベーションをあげるために見ていたビデオを紹介したい。
脳性麻痺の息子リック(44歳)とそのお父さんディック(66歳)が
ハンディを背負いながらもアイアンマンでゴールを目指す姿が描かれている。
これを見ると、父親の強さと限界のなさを感じる。自分で限界を作らず上を目指したい。

JUST GIVINGも参加したのですが、
こちらも3日前に一夜漬けで参加したので
あまり集まっていません。よかったらぜひ!
(すでに毛布50枚ぐらいの寄付になっているようです)


pagetop▲

2010.10.19   Tuesday

2010.10.19   Tuesday

サバイバルフィットネス

先日、霞ヶ浦でバイクトレーニングに
つきあってもらった山本ケイイチさんが
斬新なフィットネスプログラムを開発した。

その名も「サバイバルフィットネス」

大山倍達氏の山籠りを彷彿とさせる野生のトレーニング。
さすが元自衛官だけあって様になってる。

ストイックすぎてちょっと笑えるビデオはこちら↓

pagetop▲

2010.09.16   Thursday

2010.09.16   Thursday

失敗に強い子はよく育つ

創業からそろそろ7年。
自分たちが成功しているとは一切思っていないが、
曲りなりにも生き残って、さらに上を目指していける状態にあるのは幸福なことだ。

あまり意識したことなかったが、会社が成功していく要因の1つに、
「失敗耐久力」があると最近思っている。

それは、個人としては、失敗にヘコタれない前向きな姿勢、
突破力、行動力、要因分析力、改善力など。
チームとしては、励ましあったり、原因を指摘しあえる信頼関係。
会社としては、ミスを減点しないカルチャーや
失ったコストをカバーできる営業力や資金力や収益性。

決してお金だけではなく、制度やカルチャーやパーソナリティなど
会社の持つ有形無形な資産が、「失敗耐久力」となっているのだと思う。

失敗なしに大きな成功はほぼないと思う。
振り返れば、大小問わず、判断ミスは沢山あったと思う。
また、その時点では最適な判断をしていても
状況が変わって裏目にでることもある。
今、起業時に戻れるなら100倍うまくやれる自信がある。
これは、多くの失敗から学んできたからこそだと思う。

失敗耐久力があるということは、
失敗から学べる機会がそれだけ多いとも言える。

失敗しても大丈夫なキャパを持ちながら、
アグレッシブに果敢に攻め、学び、成長し、成功に近づいていく。

成功する会社作りって具体的にはわかりにくいが、
実は、失敗に強い会社作りなのではないだろうか。

成功する会社は、失敗に強い。

pagetop▲

2010.08.16   Monday

2010.08.16   Monday

体が教えてくれること

最近、偶然3人の方から人の体に関する同じような話を聞いた。
共通しているのは体が重要なことを示唆しているという点だ。

裏づけがありそうなモノからこじつけっぽいモノまであるが、
示唆の内容には共感できる。面白いので記録しておこう。


1.食のベストバランスは、肉魚:野菜海草:穀物=1:2:5
これは、歯の割合と同じ。

※人の歯は32本あり、
犬歯4本、門歯8本、臼歯20本。
犬歯は肉や魚を刻む歯で、
門歯は野菜、海草、イモ類を食べる歯、
臼歯は穀物、豆類を食べる歯。


2.頭で考えるのが2割、行動するのが8割。
頭と体のバランスはざっくり2:8


3.見たり聞いたりする量に比べて、話す量は半分くらいがちょうどよい。
目と耳は2個、口は1個。


4.他人の責任に対して、自分の責任は3倍。
他人を責める時、自分の責任はその3倍あるぐらいに思っていた方がよい。
そして、他人の責任と同じくらい、どうにもならない部分もあったと理解した方がよい。

※これは、「お前のせいだ!」と指差した時の指の割合。
相手を向いてるのが1本(人差し指)。
自分を向いてるのが3本(中指、薬指、小指)
上(天)を向いているのが1本(親指)

なかなか的を得ていると思う。

pagetop▲

2010.08.03   Tuesday

2010.08.03   Tuesday

木陰のサーバルーム

サーバルームは冷房が常識だ。
学生時代、暑さしのぎで、サーバルームで寝てしまい、
風邪になりかけたこともある。

しかし、そんな常識を覆し、引越し当初エニグモのサーバスペースは
直射日光にあたっていた。

スペースの関係でやむなしなのだが、少しでも回避しようと移転祝いで頂いた
サボテンと観葉植物を前に置いたところ、あたかも木陰の”サーバルーム”になってる。

なかなか趣があってよい。

今日、トラブルがあり、エンジニアがいじりに来たが、
緑の中で、サーバをいじってるコントラストが面白かった。
(写真上)のぞきこむA氏 (写真下)脱出が大変そう。。

ちなみに、あくまで社内ファイル用サーバで
対外向けのメールやウェブサーバは
ちゃんとしたサーバルームに鎮座してます。

201007asaka01.jpg

201007asaka02.jpg

pagetop▲

PROFILE

須田 将啓
株式会社エニグモ
代表取締役
最高経営責任者
BUYMA(バイマ)運営.
Facebook をメインに更新してます

ARCHIVES

OTHER

  RSS 2.0 | ATOM