HOME> IR情報> 代表メッセージ

代表メッセージ

グローバルベンチャーを目指して攻めの布陣

第14期(2018年1月期)は、好調だった前期と比較すると、上期の成長は緩やかだったものの、下期に実施した新しいマーケティングミックス施策が奏効し、第4四半期は過去最高の総取扱高、連結営業利益を達成し、結果通期では増収で着地できました。

主力事業の海外ファッション通販サイト・BUYMA(バイマ)では、後払い決済やケータイキャリア決済など新しい決済方法を導入し、より多くの方に使いやすくなりました。さらに、オンライン試着サービスであるバーチャサイズを導入し、サイズ違いに対する不安の解消に取り組みました。
また、ファッションとの出会いを創出するSTYLE HAUSも好評で、11月に待望のアプリもリリースいたしました。使わなくなったアイテムの販売ができるリセールサービス・ALL-INは申し込み件数が前期比192%と大きく成長しました。グローバルBUYMAは、ターゲット国である香港に合わせたマーケティング施策や品揃えが奏功し会員数・アクティブ率ともに拡大することができました。
これらの施策によりBUYMAの総取扱高371.0億円(前期比112%)と順調な成長をすることができました。

一方で、トレンドが変わり、不採算事業となっていたメディア事業を運営するロケットベンチャー株式会社を譲渡するとともに、別会社で運営していた韓国版BUYMAはグローバルBUYMAに吸収することで運営コストの削減を行いました。

結果、下期は成長を取り戻したものの、決済導入の先行投資や不採算部門の費用を吸収するには至らず、売上高44.9億円(前期比 108%)、営業利益15.7億円(前期比 89%)、親会社に帰属する当期純利益8.1億円(前期比71%)と増収減益になりました。

第15期(2019年1月期)は連結決算から単独決算に戻り、筋肉質な事業構造でさらなる成長を目指します。
第14期(2018年1月期)に成功した新マーケティングミックス施策に、BIG DATAとAIを組み合わせて、効果と効率のさらなる向上を行い、成長率の底上げにつなげます。また、すでに4割近い取扱高を占めるアプリをより使い勝手よくリニューアルし成長を加速させます。リセールサービス・ALL-INでは、機能を拡張し、BUYMAで購入した商品であれば、即時に下取り価格を提示。その分値引きした価格でBUYMAの商品を購入できるようになります。グローバルBUYMAは香港での手応えを受けて、他アジア圏への拡大を目指していきます。さらにBUYMA周辺事業で新サービスをリリースする予定です。
これらの各種サービスは、BUYMAと相乗的に成長する関係にあります。
BUYMAの会員が増えれば増えるほど、周辺サービスへの送客が増え、周辺サービスの利用者が増えれば増えるほど、BUYMAへの送客やポイントが増えるという好循環を生み出します。また、国内BUYMAの規模が大きくなればなるほど、グローバルBUYMAに提供できるアイテム数やノウハウも増え、成長を後押しします。

高い成長を維持する国内BUYMAを核として、密に連携し相乗的に成長する周辺サービス。そして、国内の恩恵を最大限活用できるグローバルBUYMA。
BUYMA経済圏を世界に広げ、グローバルベンチャーになることを目指してまいります。

第15期(2019年1月期)は、時価総額1000億円の早期達成に向けて複数の施策を仕掛ける攻めの一年と位置づけております。
株主の皆様には、エニグモを長期的な視点で温かく見守っていただければ幸いです。
今後ともご理解とご支援のほどよろしくお願い申し上げます。


2018年3月

代表取締役 最高経営責任者 須田将啓

IR情報

エニグモについて

ブログ

  • ブログ:須田将啓
  • ブログ:enigmo engineers' blog

採用情報

サービス

BUYMA

BUYMA [バイマ]

世界中のブランドを海外のパーソナル
ショッパーがお届け!
ソーシャルショッピングサイト

BUYMA

BUYMA [バイマ] 英語版

全123カ国7万人の日本人パーソナル
ショッパーネットワークを活用し、
日本の商材を世界の商流へ

STYLE HAUS

STYLE HAUS [スタイルハウス]

世界中のリアルなトレンドがわかる
女性のためのファッションメディア

ページTOPへ

プライバシーマーク